loader
ページトップ
interview12

女性でも男性と対等にできる仕事がしたい!
念願のドローンライセンスを取得

Tさん(滋賀県在住・2015年キャスト登録)
自営業で電気工事士に従事するご主人をサポートしながら働く。
Work sustainably

家計をサポートできればと、Wワークを始める

結婚前は医薬品の品質管理の仕事をしていました。結婚後は子育てしながら、自営業で電気工事士として働く主人の手伝いをするようになりました。
自営業の為、「もし主人が働けなくなったとき、私には何が出来るか。いちから仕事を探さないといけないのか?」と考えました。
そんなときに、時間に融通が利く仕事を探してたときに、SBFを知り2015年に登録。スポットラウンダーのお仕事を始めました。

電気工事士として働く夫をサポートしながらも、対等に仕事をしたいと思い始める

電気工事士の仕事は主婦の方に馴染みがないかもしれませんが、実は私たちの生活にとても身近で、必要不可欠なお仕事なんです。
例えば、住宅やビル、マンションなど、様々な建物で電気が安全に使用できるように工事や管理をしています。

主人は電気工事をメインに仕事をしており、私もエアコン取付やリフォーム工事といった仕事の手伝いをしながら一緒に働く中で、工事や資格に興味を持ち、女性でも対等に出来る仕事をしたいと思うようになり、何か資格を取得したいと漠然と考えていました。

「家屋のソーラーパネルの点検を屋根に上らずにできれば…」のひらめきから、ドローンの資格取得を目指す

「家屋のソーラーパネルの点検を屋根に上らずにできれば…」と以前から考えていながらも、行動に移すことができなかったのですが、新型コロナ感染拡大により、仕事の量が減り、時間的にも余裕ができたため、ドローンのライセンスを取得するために、4月にスクールに通い、法律の知識やドローンの操縦技術を学びました。

いくつになっても新しいことに挑戦して人生を楽しみたい

実際の業務はこれからになりますが、夫婦二人三脚でこれから新規顧客を獲得し、たくさんの経験を積んで活躍の場を増やしていきたいと思います。
ドローンを使用した仕事は未知の事ばかりですが、新たな人との出会いや発見がたくさんありとてもワクワクしています。

comment当社社員よりメッセージ

(社員Iより)
新型コロナ感染拡大という逆境を資格取得のための時間として、プラスに捉え、念願のドローンのライセンス取得を実現した行動力がすごいと思いました。
どんな状況であっても、仕事や自分磨きのための努力をすることは、人生を豊かにするために必要であり、Tさんのその姿にはとても共感が持てました。

あなたのペースやライフステージに合わせてサステナブルに働くことができる!30秒簡単登録