loader
ページトップ
interview-img32

【ボジョレーヌーボーなどもある】
年末間近で急増する飲料系ラウンダーの仕事の特徴

飲料系ラウンダーは、清涼飲料水やアルコール飲料などの商品を取り扱うラウンダーです。
取り扱う商品の性質上、季節の影響を受けやすい仕事でもあります。
特に11月以降から年末にかけての時期は飲料系ラウンダーにとって忙しい期間です。
では、飲料系ラウンダーの仕事と特徴についてご紹介します。
COLUMN

年末にかけて飲料系のラウンダー案件が増える理由

年末年始が近づくと忙しくなるのは,飲料メーカーも例外ではありません。
年末にはクリスマスをはじめとしたイベントが多いため、飲料メーカーではそれに合わせて新商品が多く開発される傾向にあります。
冬季限定の清涼飲料水やアルコール飲料なども、11月下旬から12月上旬にかけての時季に発売されることが多いです。
飲料メーカーのラウンダーなら、発売直後の時期には、プロモーションなどで忙しくなるでしょう。
ビールやチューハイなどは、夏の暑いときに売れるイメージが強いですが、冬季限定の商品も毎年発売されることが多いです。
年末だけでなく、正月や成人式など年明けのイベントに向けて発売される商品も多いです。
複数の新商品が同じ時期に発売されることもあります。
基本的に発売したばかりの商品は目立つところに陳列しますが、新商品が多いと頻繁に陳列位置を変えることになるでしょう。

ボジョレーヌーボーなどワイン関連の陳列もラウンダーの仕事

11月にはボジョレーヌーボーが解禁されます。
解禁日は毎年11月の第3木曜日で、2019年は11月21日にボジョレーヌーボーが解禁されました。
ワインが好きな人ならこの日を待ちわびて、発売日にスーパーなどで購入する人も多いでしょう。
ボジョレーヌーボーの解禁日になると、お酒売り場では目立つ場所にボジョレーヌーボーが陳列され、大きな販促物なども設置します。
そのため、ボジョレーヌーボーの発売日前後は、飲料系ラウンダーにとって忙しい時期となります。
ボジョレーヌーボーは、陳列方法やお店の担当者とのやりとりで陳列数が変わるので、多く陳列できるように上手く交渉しましょう。
陳列数が増えればそれだけお客様の購入数も伸びやすくなるので、ラウンダーの活躍が商品の売上に直結します。
ボジョレーヌーボーの時季は忙しくて大変ですが、ラウンダーにとってやりがいが強く感じられるでしょう。

飲料系ラウンダーの扱う商品は季節によって変わる

暑い夏であれば、冷たい炭酸飲料やビール、チューハイなどが多く売れます。
冬場には、ホットドリンクを扱う機会が増えるでしょう。
商品のニーズが移り変わるとともに、ラウンダーの業務も変化するのが、飲料系ラウンダーの特徴です。
また、気候の影響によって飲料の購入数は大きく変化します。
猛暑になれば清涼飲料水の購入数が上がるため、炭酸水やスポーツドリンク、お茶類などはその傾向が顕著に見られます。
飲料系ラウンダーが扱う商品も、その年の気候に左右される面が大きいでしょう。
そして、季節限定の清涼飲料水やアルコール飲料は年末年始や冬の時季だけでなく、1年を通じて新商品が発表されます。
そのため、年末以外にも季節限定商品や新商品の販促活動を行う機会は多いです。
求人も飲料系ラウンダーなら、年間を通じて多い傾向にあるので応募してみてはいかがでしょうか。

まとめ

清涼飲料水やアルコール飲料などは頻繁に季節限定商品や新商品が発売されるので、ラウンダーの案件数が多いです。
ボジョレーヌーボーの陳列に携わる可能性もあります。
年間を通じて変化に富んでおり、ラウンダーの活躍が商品の売上に直結するので、やりがいも感じやすいでしょう。