loader
ページトップ
interview-img21

年齢別!
主婦がパートにラウンダーを選ぶ4つのメリット!

ラウンダーの仕事には様々なメリットがありますが、
それぞれの人の年齢や立場によって特に魅力的な良点があります。

そこで今回は年代ごとに4つのメリットについてご紹介していきます。

もし自分にとって最適なメリットがあれば、ラウンダーが天職になるかもしれませんよ。
COLUMN

20代がラウンダーを選ぶメリット

20代の方の多くは高校や専門学校、短大や大学を卒業し、これから様々なキャリアを積んでいく年代です。
ですからその途中で結婚して専業主婦になった場合、十分な時間が取れずなかなかキャリアやスキルを身につけることが難しいかもしれません。

この世代の方にとってのラウンダーの仕事をするメリットとして挙げられるのが、様々なスキルや経験を吸収できる点にあります。
ラウンダー業務を通じて得られる具体的なメリットとしては営業力や対人折衝力を身に付けられることが挙げられます。

このようなスキルは様々な量販店に出向いて、自社の商品の良さを店舗責任者にアピールしたり、その責任者からの要望や質問に対応する中で、徐々に身についていきます。
さらにそのような経験を通じて最終的には高いコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力の向上にもつなげることができます。

たとえ対人関係に苦手意識を持つ方でも誠意や要望に応えようとする真摯な気持ちがあれば、失敗を糧としつつ、自分の考えや商品のアピールポイントを伝えていけるようになるでしょう。

30代がラウンダーを選ぶメリット

30代にもなると子育て中という方も増えてくるでしょう。

仕事をするにあたっては家庭との両立が大きな課題の1つになってきます。 それを実現するには、できるだけ時間に融通が利く仕事が有利になってきます。

ラウンダーの仕事は、ほとんどが仕事の現場となる販売店と自宅との直行直帰となりますので、時間的な自由度が高い点にメリットがあります。 仕事に慣れてくれば、担当する複数の店舗を効率よく巡回できるようになりますので、さらに余裕が生まれてくるでしょう。

多くのパートようにシフトが決められていないので、子供が急に熱を出したりしても、打ち合わせや販売店舗の訪問のタイミングを調整することで柔軟に対応できます。 仕事と家庭を両立することが最優先の子育て世代や家事、介護などで忙しい方にも時間の自由度は大きなメリットと言えます。

40・50代がラウンダーを選ぶメリット

この世代が仕事をする場合、多くの方が心配する点として挙げているのが、ブランクをどうするかということです。
前職を辞めてから家庭に入り、子育ても一息ついて再び仕事をしようと思っても、20、30代のときと同じように仕事をこなせるか、不安を感じる方も多いようです。

ラウンダーの仕事の場合、このようにブランクや不安を感じる世代にもメリットとなっているのが、ミドル世代の方が多く活躍している点です。
一般的に転職や就職する際、年齢はマイナス要素にとらえられがちですが、ラウンダーの仕事において、年齢を重ねているということはむしろプラスになる場合さえあります。

子育て経験や様々な人間関係を経ることで若い世代にはない落ち着きと相手を察する気持ち、安定感などが量販店の担当者などと良好な関係を築く上で重要になってくるのです。
子育ても終わり、時間にも余裕があり、まだまだパワーもあるこの世代の方にとってラウンダーの仕事はまさにうってつけとも言えそうです。

60代がラウンダーを選ぶメリット

平均寿命が急激に伸びている今の日本の場合、60代の方はまだパワーに溢れています。

ラウンダーの仕事ならパートやアルバイトよりも高い時給を得ることができるものも多いので、モチベーション高く持ち、仕事をすることができます。
これまでの経験や時間を有効に活用してそのメリットを享受することができるのが、ラウンダーの仕事です。

まとめ

ラウンダーの仕事ならではのメリットを年齢ごとにご紹介してきました。
興味のある方は是非参考にして、ラウンダーの求人案件などをチェックしてみてはいかがでしょうか。