loader
ページトップ
interview-img01

ラウンダーの業務
ドラッグストア編

ラウンダーの仕事では食品や日用品、生活家電といった様々な商品を扱います。

そのために食品スーパーから家電販売店、ドラッグストアと巡回する店舗の種類も豊富です。
その中でもドラッグストアを中心に売り場づくりをサポートするラウンダーの業務内容についてご紹介していきます。
COLUMN

業務内容の概略

ドラッグストアをサポートするラウンダーだからといって、
他の種類の商品を担当するラウンダーの仕事と比べて
大きく異なる点は少ないと言えます。

そこでドラッグストアを担当するラウンダーの基本業務について触れ、
さらにドラッグストアならではの特徴についても解説します。

ラウンダーの基本業務ですが、
所属する会社の本部や営業担当者の指示に従って、
自分の担当先となる複数のドラッグストアを、
ある程度の期間の中でスケジュールを組んで巡回していきます。

訪問先となるドラッグストアの店頭では、
主に売り場のメンテナンスや
売り場責任者との折衝などが主要業務となります。

具体的には自社製品の売り場の確保や、
売り場スペースの拡大を店長や売り場責任者、
薬剤師などと交渉します。

また新製品が発売される場合には
その詳細情報を伝えて、
積極的な販促をしてもらえるようにアピールします。

ドラッグストア担当ならではの注意点

基本的な業務については
他の商品を取り扱うラウンダーに類似するものの、
中にはドラッグストア担当者として
注意すべきポイントがあります。

それは、ドラッグストアで取り扱う商品の中に
薬機法(医薬品医療機器等法、旧薬事法)で
規制されている商品が多いことです。

そのために売り場の薬剤師への
資料配布や商品の特性や効能、
副作用などについての
しっかりとした説明が必要になります。

薬機法の広告規制対象となっている
商品の店頭POP広告を作成してもらう際にも、
同法のルールに抵触するような効能の説明は控え、
正しく伝えるように注意や
配慮が必要になってきますので、
売り場責任者の方などともよく相談することが重要です。

さらにドラッグストアでの売上を
大きく左右する季節商品などの場合、
タイミングを見計らった効果的かつ
戦略的な店頭での販促活動が重要になってきます。

例えば、花粉症薬や風邪薬の場合、
商品が売れるタイミングというのは
花粉飛散時期や風邪の流行時期により毎年異なります。

そのため毎年花粉情報や寒気到来などといった
天候に関する情報に敏感になりつつ、
流行する直前での確実な商品販売スペースの確保や、
スムーズな商品販促活動を行なえるように準備しておきます。

上記のような場合、
ほぼ毎シーズンごとに何かしらの新商品が登場します。

ベストな販促時期を見逃さずに
販売店を上手くリードしてあげることも、
ドラッグストア担当であるラウンダーの仕事です。

主に女性が購入する生理用品や
化粧品などの商品の場合、
女性ならではの感性が
最大限に生かされる場面と言えます。

女性特有の悩みや痛みなどに
効果があると感じてもらえるように、
薬剤師や販売責任者の協力を得ながら、
新製品の効果的なPRができるようにすることも
ドラッグストア担当のラウンダーがカバーすべき仕事です。

薬剤師ラウンダーという仕事

ドラッグストア担当のラウンダーの場合、
製薬会社や健康食品会社に属するラウンダーが
自社製品を販売してくれる小売店の店頭での販促活動や
売り場改善などを行なうものがほとんどです。

しかし中には「薬剤師ラウンダー」といって、
薬剤師の業務とラウンダーの業務を
兼任するようなポジションもあります。

大手ドラッグストアでは、
自社で展開する複数の店舗を
薬剤師ラウンダーに巡回してもらい、
その店舗での調合や医薬品の商品説明をするだけでなく、
ラウンダー特有の販促活動も同時に行ないます。

これは慢性的な薬剤師不足により
雇用できる薬剤師の数に
限りがあることから生まれた苦肉の策とも言えます。

業務上は複数店舗を巡回するために
1つの店舗で腰を据えて
仕事をするという訳にはいきませんが、
ラウンダーならではのやりがいと
高収入が得られる仕事と言えそうです。

まとめ

ここまでドラッグストアを担当する
ラウンダーの仕事についてご紹介してきました。

ドラッグストアは圧倒的に
女性購買者が多い小売業界ですので、
ドラッグストアラウンダーは
女性や主婦としての感性や視点を
大いに生かすことができるおすすめの仕事です。